魚,食べ方

エビの養殖事情:養殖方法、用いる餌など

スーパーなどでもよく目にする食材であるエビ。様々な料理に使えて、日本人が大好きな食材でもあります。

 

最近は養殖されたエビも多い子とから、手に入りやすくなりました。

 

そこで今回は、エビの養殖方法や、与えるエサなどについて詳しくご紹介いたします。

 

エビの養殖事情

日本はエビが大好きな国民です。

 

そのため、養殖されたエビは国内だけではなく、海外からも多く輸入されています。

 

輸入されている国は、ベトナム、インドネシア、タイ、インド、中国など、ほとんどがアジアや東南アジアです。

 

これらの国は、もともとはエビの漁が盛んでしたが、乱獲によりエビの漁獲量が減ると、エビを高値で買ってくれる日本向けに養殖が始まり盛んになっていきました。

 

外国の養殖には日本も技術を提供しており、エビの養殖産業に貢献しています。

 

これらの国で養殖されるエビは、ブラックタイガーやバナメイエビがほとんどです。

 

日本で並んでいるブラックタイガーやバナメイエビもほぼ輸入の養殖ものです。

 

日本国内では、車海老の養殖が盛んです。高値で取引される車海老ですが、養殖のものは天然のものよりも安価で買えるため、取り扱う店も多くなりました。

 

エビは狭い場所で養殖されることが多いため、人工的に作られた、抗生物質の入った配合飼料で育てられます。

 

いかがでしたでしょうか。エビの養殖事情についてお判りいただけたかと思います。


ホーム