魚,食べ方

エビの食べ方のマナー

大変身近な食材であるエビ。料理法も様々で、色々な料理に使われているため、家庭だけではなく、お店で食べる機会も多いと思います。

 

そこで今回は、エビの食べ方のマナーについてご紹介いたします。

 

和食のエビの食べ方

エビは頭や殻が付いた状態で提供されることも多いと思います。和食の場合は手で向いてしまって大丈夫です。

 

まずは頭と銅の部分をもって、左右に引っ張り、頭と胴体を外します。

 

取れにくい場合は、少しねじると取り外しやすくなります。

 

次に、足の部分を取り除き、お腹のところから、開くようにして殻を外してゆきます。

 

エビのしっぽについている部分の殻はこの時には取り外さず、最後にしっぽ事引っ張って取り外します。

 

剥き終わったら、手はおしぼりなどで必ず拭くようにしましょう。

 

外したからは、お皿の端っこにまとめて寄せておき、汚くないようにまとめておきましょう。エビを食べるときは、必ず箸で食べます。

 

くれぐれも殻を剥いてそのまま手で食べないように気をつけましょう。

 

基本的には一口で食べるのがマナーですが、口に入りきらない場合は、かみ切っても大丈夫です。

 

この場合、エビはお皿に戻さず、口の中に余裕ができたら、すぐに口に入れるようにしてください。

 

洋食のエビの食べ方

洋食の場合は、殻から外すときはナイフとフォクを使います。殻ごと切らないように気を付けて下さい。

 

殻からはずしたら、ナイフで一口ずつ切りながら食べます。


ホーム