魚,食べ方

エビアレルギーの原因・症状・対処法

エビは大人から子供まで大好きな食材食材の一つです。

 

天ぷらやお寿司ど色々な料理があって毎日食べても飽きないくらいですよね。

 

ですが、エビと言えばアレルギーを持つ方も少なくありません。そこで今回は、エビアレルギーの原因や症状対処法についてご紹介します。

 

エビレルギーの症状

エビアレルギーの症状で、一番多い症状は、皮膚がかゆくなったり、蕁麻疹や発疹が出たりするなどの、皮膚や粘膜への症状です。

 

皮膚以外にも、唇が腫れたり、目の周りも赤く腫れる症状が出る場合もあります。

 

エビアレルギーで他にも出やすい症状としては、呼吸器への症状で、くしゃみ、せき、呼吸困難などの症状が出る場合はあります。

 

他にも、腹痛や嘔吐、下痢等、食中毒と似たような症状も多く、重症になるケースも多いです。

 

また、アナフィラキシーショックが出る危険もあり、命の危険が伴う恐ろしい症状なので、アレルギーの方は十分注意が必要です。

 

エビアレルギーの原因

エビアレルギーの原因は、トロポミオシンと呼ばれるタンパク質です。

 

トロポミオシンは甲殻類多く含まれており、他にも、貝、イカ、タコ、ゴキブリやダニにも含まれていると言われています。

 

そのため、エビアレルギーの人は、甲殻類全般に注意するのと、部屋の清掃にも気を付ける必要があります。

 

エビアレルギーの対処法

エビアレルギーの治療方法はまだありませんので、アレルギー物質に近づかないように気をつけましょう。

 

もしアレルギーの症状が出てしまったら、すぐに病院で適切な処置を受ける必要があります。


ホーム