魚,食べ方

エビが黒く変色する理由と防止方法

日本でも定番料理である、エビフライや天ぷらに欠かせない食材であるエビ。

 

エビは家庭で調理することもあると思いますが、料理中に黒く変色してしまったことはありませんか?

 

そこで今回は、エビが黒く変色ししまう理由と、防止方法についてご紹介いたします。

 

エビが黒く変色してしまう理由

エビが料理中に黒く変色してしまい、驚いた経験がある方も多いと思います。エビは空気に触れると酸化してしまい、黒く変色してしまいます。

 

リンゴやアボカドなどが時間が経って黒くなってしまうのと同じ理由です。

 

スーパーなどで売っているエビの中には、鮮度を良く見せるために、酸化防止剤を使っているものもあるので、色が奇麗だからと言って新鮮なわけでは無いので注意しましょう。

 

エビが黒くなるのを防止する方法

エビが黒くなるのは、空気に触れて参加することが原因なので、まずは空気に触れさせる時間を短くしたり、触れさせないようにすることが大事です。

 

もっときちんと防ぎたい場合は、レモンを使った防止方法があります。レモンなどの柑橘類に含まれるビタミンCは酸化を防ぐ効果があります。

 

やり方は、氷水にレモンのスライスを数枚入れて、その中にエビをつけておきます。レモンを入れすぎると酸っぱくなるので、量にはくれぐれも注意しましょう。


ホーム