ドジョウの飼育に必要な情報まとめ

ドジョウの飼育に必要な情報まとめ

ドジョウの飼育について必要な情報をまとめています。

 

砂利

ドジョウの飼育方法で砂利はかかせません。ドジョウは普段泥や砂の中で身を潜めていますので、より自然に近づけることでストレスを緩和できます。楽に潜れるように粒子状の柔らかい砂利を選びましょう。また砂利は屋外で育てる場合には寒さ避けの意味合いもあります。

 

※ただしホトケドジョウのように中層を泳ぎ回るドジョウに関しては、必ずしも砂利は必要ではありません。

 

置き場所

また水温の変化に敏感なので、風通しが良く温度変化の影響をあまり受けない場所に置いておくのが大切です。直射日光のあたる場所は避けてください。

水槽

ドジョウの生態を考えると、最低でも20cm以上はの深さのある水槽が必要です。また日中おとなしくしているドジョウも、夜になると活発に活動し、勢いよく水槽から飛び出すことがあるので、フタは必ずしておくようにしましょう。エアレーションや水草は、水中の酸素を安定させるためにも入れたほうがいいでしょう。

 

水替え

水質の急な変化は相当なダメージになりますので、捕獲場所の川の水や井戸水を使うのが望ましいです。水替えで水道水を使う場合にはカルキ抜きを必ず行うようにしましょう。水替えは2ヶ月に1度程度のペースで、水質急変を防ぐ為、3分の1は元の水を残しておくようにしましょう。

 

ドジョウは自然界ではイトミミズ・ユスリカ・ミジンコ・藻などを食べますが、採集が面倒ならば市販の金魚やメダカの餌でも構いません。基本的にドジョウは何でも食べます。またドジョウの生活形態に合わせて沈殿性の餌にしましょう。


ホーム