ドジョウの越冬方法

ドジョウの越冬方法

野生のドジョウの寿命は3年~5年と言われていますから、その間に何度か冬を越すことになります。

 

ドジョウは基本的に寒さに強い生き物であり、例え水面が凍るほどの温度であっても、泥の中に身を潜めて寒さをしのぎ越冬することができます。

 

冬になると水位が低下するので、逃げ遅れた個体などは、泥のかなり深い所まで潜っていきます。寒さが理由で弱って死ぬということはあまりないのです。

 

飼育下における越冬

冬になり水温が低くなると活動は低下します。冬の間も活発なドジョウを観察したいのなら、ヒーターや室温の調整で水槽の温度を一定に保つようにしましょう。

 

屋外の水槽で飼育する場合は必ず、寒さをしのげるよう潜りやすい砂利(泥)を入れるようにしてください。

 

もちろん、個体差がありますし、寿命が近いドジョウなら冬期に死ぬ可能性は十分ありますが、環境がしっかりしていれば過度に心配することはないでしょう。


ホーム