アサリの砂抜き失敗の原因

アサリの砂抜き失敗の原因

アサリはスーパーでも目にすることが多く、潮干狩りなどもあり家庭では身近な貝の一つです。

 

しかし、砂抜きをしないと口に砂が入りとても不快です。今回はそのようなアサリの砂抜き失敗の原因について紹介しています。

 

塩水の濃度

アサリの砂抜きで一番重要になるのが塩水の濃度です。海水と同じ濃度にしないと砂抜きはうまくいきません。

 

海水と同じ濃度にするには3パーセントの濃度にすることがとても重要といえます。

 

また、潮干狩りでアサリを手に入れた場合は海水をペットボトルなどに入れて持ち帰ると濃度を失敗せずに砂抜きができます。

 

水温と明るさ

海水とアサリに思わせるのは砂抜きを成功する重要なポイントになります。

 

そのため砂抜きしている間に冷蔵庫に入れてしまうと水がとても冷えてしまうためアサリは砂を吐き出さずに失敗の原因になります。

 

また、明るすぎるとアサリは口を開かないので、新聞紙やアルミホイルにつつんでキッチンや室内で室温が低いところに置きましょう。

 

アサリが重なっている

アサリが重なると上のアサリがせっかく砂を吐き出しても下に重なっているアサリが砂を飲み込んでしまい、砂抜きの失敗の原因になってしまいます。

 

砂抜きする際はアサリは重ならないようにするのが重要になります。

 

いかがでしたでしょうか。アサリの砂が残っていては美味しいアサリが勿体ないです。上記の点に注意をして正しく砂抜きをしましょう。


ホーム