アサリの「50度洗い」の砂抜きとは?

アサリの「50度洗い」の砂抜きとは?

アサリは身体にもよく身近に食べられている貝の一つです。しかしアサリには間違った砂抜きをすると食べるときに砂が残り不快になります。

 

今回はそのようなアサヒの砂抜きの50度洗いについて紹介しています。

 

アサリの「50度洗い」の砂抜きとは?

通常アサリの砂抜きを行うときはアサリに塩水を入れて暗い中で2~3時間ほど置いて時間をかけて砂抜きをします。

 

しかし、この「50度洗い」は断然に通常の砂抜きよりも早く短時間で砂抜きをすることができます。あまり高い温度の水だとアサリが死んでしまって砂抜きをすることができません。

 

また逆に50度以下の水にしてしますとアサリがびっくりすることができないので砂を吐いてくれません。

 

50度の水で洗うことが一番重要になります。

 

アサリの「50度洗い」の砂抜き方法

まず50度のお湯を用意します。必ず50度ぴったりの温度ではなくてもいいですが、45~50度ぐらいの温度がいいです。

 

水で軽くアサリを洗い、鍋またはバッドなどにアサリとお湯を入れます。

 

この時に必ずアサリは十分に浸すことが重要です。5分ほどするとアサリは殻からでてきます。徐々にお湯が濁ってくるので砂を吐いていることが目で見てわかります。

 

いかがでしたでしょうか。50度のお湯につけることで砂抜きを短時間で終わらせることができます。上記の点を参考に美味しいアサリを食べましょう。


ホーム