アサリの漁獲量が多い名産地といえば?

アサリの漁獲量が多い名産地といえば?

アサリは家庭でも身近に食べられる貝でスーパーでも必ず目にする食材です。アサリは日本の中で一番どこでとられるのでしょうか。

 

今回はそのようなアサリの漁獲量の多い名産地を紹介しています。

 

日本一漁獲量の多い愛知県

日本で一番アサリの漁獲量が多いのは愛知県です。

 

愛知県は日本で取れるアサリの量の約3割を占めています。2位の千葉県を抑え、日本では3袋中1袋は愛知県産のアサリになります。

 

特に愛知県の中でも西三河産でとれたアサリは日本の中の2割を占めています。

 

アサリの旬の時期である春になると愛知県の海にはたくさんの潮干狩りに訪れる人で混雑します。

 

愛知県は潮干狩りができる海岸も多く、日本のアサリの名産地は愛知県と言えるでしょう。

 

なぜ愛知県がアサリの名産地に適している?

愛知県の三河湾が多い理由は、地形がとても関係しています。

 

愛知県の三河湾はとても通常の海よりも湾口部が狭く、アサリの幼虫が外の海に流れずに着底することができます。

 

主に浅海の砂泥底に潜っているアサリは、水深の浅く、砂底が広がっている三河湾が一番生息するのに好条件と言えます。

 

いかがでしたでしょうか。上記の点から愛知県がアサリの名産地と言えます。上記の点を参考にしながら新鮮なアサリを美味しく食べましょう。


ホーム