アナゴの美味しい食べ方

アナゴの美味しい食べ方

穴子を使った料理は一般家庭でも簡単に作れ、栄養価も高いので是非お勧めしたいですね。今回は、家庭でできる穴子の美味しい食べ方をご紹介します。

 

煮穴子

穴子の代表的な料理の一つが煮穴子です。文字通り穴子を煮るわけですが、下処理を終えた穴子をじっくり弱火で煮るのがポイントです。煮る際に、特製のタレを作るのですが、そのタレが穴子の柔らかくて肉厚な身とマッチして実に美味なのです。仕上がったときに、特製のタレだけを再度煮詰めて、白米の上に乗せた煮穴子の上からかければ、美味しい穴子丼の出来上がりです。

 

焼き穴子

とてもあっさりしていて、アナゴの身そのものの味わいを堪能できるのが焼き穴子です。煮穴子と同じく下処理をした穴子を焼いていくのですが、炭火が準備できればさらに美味しくいただけますね。炭火でなくても、ご家庭のフライパンを用意できれば、焼き穴子を作ることができます。アナゴの皮目を下にして焼いていき、ほんのり焦げ目がついてキツネ色になった穴子を裏返して、今度は腹目を同じように焼いていきます。両面がほんのりキツネ色になったら完成です。わさび醤油でいただいたり、あるいは上述した煮穴子と同じタレを使って食べることもできます。

 

穴子の干物

穴子の干物は酒のつまみに最適です。そしてとても簡単に作ることができます。アナゴの下処理を済ませたものを天日干しするだけですが、漬け込む汁の作り方もシンプルです。みりん2に対して醤油を1です。この割合で汁を作ったら、その中にアナゴを3時間ほど寝かせます。そのあとに天日干しするのですが、干す際に穴子から汁が出ますので、魚を焼くトレーの下に皿などを敷いた状態で、天日干しすると安心でしょう。1日ほど干したら完成です。

 

いかがだったでしょうか?オーソドックスな穴子の料理の種類をご紹介しました。調理のハードルも低く、美味しいのでぜひご自宅でもチャレンジしてみてくださいね。


ホーム