江戸前穴子とは:その魅力や旬、特徴について

江戸前穴子とは:その魅力や旬、特徴について

江戸前寿司の魅力や特徴について解説しています。

 

江戸前寿司とは

江戸前穴子とは東京湾でとれる穴子のブランド名です。

 

江戸前というのは『江戸城の前の海でとれた魚』から来ており、東京湾の羽田沖を中心に漁獲されています。

 

他の穴子よりも

 

  • 旨味が強い
  • ほどよい脂のり
  • 色が良い

 

という特徴があり、非常に美味しいと全国的に人気があります。高級料理店では主に天ぷらや白焼きとして使われていますね。

 

白焼きはシンプルな味付けしかしないので、タレの味でごまかしがきかないことから、「白焼きにするなら江戸前穴子以外ありえない」という料理人もいるほどです。

 

江戸前穴子が美味しい理由

東京湾というのはたくさんの川が流れ込んでいる非常に栄養豊かな湾です。その為育ちの良い小魚が多く、それを食べる穴子もまた美味しく育ってくれるのです。

 

江戸前穴子の旬

旬は晩春から夏とされています。冬の穴子も人気がありますが、産卵時期を控えて余計に脂がのりがちなので、ほどよい脂のりでさっぱりとした味わいになるこの時期が最適とされています。

 

あなご飯もおすすめ!

江戸前穴子を使った料理としては、昔ながらのあなご飯も人気です。穴子の旨味を邪魔しないように、ご飯は塩と赤酢だけ使ったサッパリした味付けになっています。さっぱりご飯と濃厚タレたっぷりの穴子の相性は抜群です。


ホーム