穴子(アナゴ)の生態・雑学

穴子(アナゴ)の生態・雑学

アナゴの食性・習性・産卵・寿命といった生態に関する情報や、アナゴに関するど面白雑学情報などをまとめています。

穴子(アナゴ) の名前の語源・漢字の由来

寿司や天ぷら、蒲焼きなど和食の中でも特に安定した人気のある穴子(アナゴ)。その名前の語源や名前の由来について解説しています。“穴子(アナゴ)”の由来とは?穴子(アナゴ)という名前や漢字の由来ははっきりしておらず、説はいくつもあるようです。中でも有力なものをご紹介します。◆生態由来説アナゴというのは岩...

≫続きを読む

アナゴの生態:食性・大きさ・重さ・生息域など

アナゴの生態情報をまとめています。アナゴの食性ウナギ目アナゴ科のアナゴは、主に小魚やエビ、カニなどを餌と肉食魚類です。夜行性で、夜になると獲物を探しにいきます。魚類、甲殻類、貝類、など幅広い生物を餌とします。またチンアナゴのようにプランクトンを主食としているアナゴもいます。アナゴの大きさ・重さアナゴ...

≫続きを読む

アナゴの産卵事情:産卵期・産卵場所など

アナゴの産卵事情についてはまだ色々と謎が多いです。それ故に完全養殖が難しいのです。今回はアナゴの産卵についてわかっている情報をまとめていきます。長い間謎とされてきたアナゴの産卵食用として最もポピュラーでありながら、長年謎とされてきたマアナゴの産卵。1度に100万個から120万個の卵を産むと言われてい...

≫続きを読む

アナゴの稚魚「のれそれ」 とは:名前の由来、味や食べ方など

珍味と言われるアナゴの稚魚“のれそれ”。その概要や名前の由来、味、食べ方などについて解説します。「のれそれ」とは“のれそれ”はマアナゴの稚魚を指す名称です。主に高知県で広く使われている呼び方です。のれそれの名前の由来のれそれはイワシの稚魚、つまりドロメと一緒に水揚されることが多い魚です。高知県で水揚...

≫続きを読む


ホーム